お金を借りるなら「エンクリップ」

総量規制をしっかりと理解してからどこのキャッシングサービスで借りるか決める!

お金を借りるときに一番大切なこと、それは「総量規制」です。

総量規制

キャッシングのサイトをよく見てる方ならわかると思いますが、総量規制という言葉が本当によく出てきます。

もちろんこのサイトもそうなんですが(笑)

2010年6月に完全施行された新しい貸金業法の中の目玉であった総量規制ですが、ここをしっかりと押さえておくことが何よりも重要になります。

それでは改めて、総量規制についてしっかりと勉強していきましょう。

>>人気キャッシング一覧はこちら

改めて、総量規制とは?

総量規制には様々なポイントがあるのですが、とにかく簡単にまとめると

年収の3分の1以上の借入はできませんよ、ということです。

なぜ大雑把な答えを用意したかというと、個人がお金を借りるというケースにおいて、重要なポイントだけを覚えて欲しかったからです。

貸金業協会のHPをご覧いただければわかると思いますが、とにかく複雑で難しいのが総量規制(笑)

しかも、個人が覚える必要のないことまで事細かに書いてあるので、とにかく借入する際に重要なポイントだけを覚えておくだけでいいです。

要は年収の高い人ほど、沢山のお金を借りれると覚えておいてください。

ただ「例外」もたくさんありますので、このページで詳しく解説していきます。

総量規制の対象となる借金は「貸金業法」のローンだけ!

総量規制に当てはまる借金は、基本的に貸金業法の基で運営されている金融業者のローンが対象とになります。

具体的には・・・

  1. 消費者金融からのキャッシング
  2. クレジットカードの「キャッシング枠」

この2つが主に総量規制の対象になりますが、注意して欲しいポイントとして、クレジットカードの一般的な使い方である「ショッピング枠」は総量規制の対象にはなりません。

キャッシング枠とは、クレカを新規に作るときに設定することが多い「クレジットカードで現金を借りる枠」のことです。

通常のクレジットカードで買い物をしても、直接現金を下ろしたりしませんよね?

でもクレカのキャッシング枠を使えば、普通のカードローンと同じように現金を引き出すことができるのです。

ただ当然ローンですので、消費者金融と同じように「金利」がかかります。

カード払いで物を買う場合、一括払いにすれば利息はかかりませんよね?

でもキャッシング枠は現金を手にするので、返済には利息がかかるのです。

まあ、クレジットカードでお金を借りるという方は少数だと思いますので、さほど気にする必要はありませんが、もしキャッシング枠を利用されているなら、それも総量規制の対象になるというわけです。

あと、消費者金融のローンはイメージがつきやすいと思いますので詳細は省きます。

銀行のカードローンや信用金庫などからのローンは総量規制の対象外!

総量規制というのはあくまでも「貸金業法」に則った法律ですので、それ以外の法律で運営されているローンには効力がありません。

例えば最近数多くの銀行が展開している、銀行のカードローンは、銀行というのがそもそも「銀行法」という法律の基に運営されているので、総量規制には当てはまらないのです。

また銀行の他にも信用金庫や農協などからのローンも総量規制の対象外です。

ココでのポイントは「銀行カードローンは総量規制の対象外である」ということをしっかりと覚えておくこと。

ここを抑えておけば、万が一、年収の3分の1以上の借り入れを希望したいと思った場合、銀行のカードローンを利用すればいい!ということがわかると思います。

だからある程度まとまった金額を借りたいと思ったら、銀行カードローンを積極的に検討すべきです。

住宅ローンやマイカーローンなども総量規制の対象外!

融資を受けたいけど、既に年収の3分の1以上の住宅ローンを組んでいるので、どこにもお金が借りれない・・・なんて思っている方もいらっしゃるかもしれません。

でもご安心ください!

住宅ローンは総量規制の例外として対象には入っていません。

そもそも住宅ローンは銀行や信用金庫で借りるので、総量規制は関係ないんですね。

また、購入する車を担保にしたマイカーローンなども総量規制の例外として対象外になります。

あとよくあるケースとして、銀行や信用金庫の教育ローンも総量規制の対象外ですのでお間違えのなく!

総量規制の例外は結構ありますので、自分が今借りている借金が総量規制に当てはまるかどうかわからない場合は、借入先に問い合わせてみるのが一番手っ取り早いです。

まとめ:年収が少なかったり、既に消費者金融から借り入れをしている場合は、銀行カードローンを狙うのがマル

年収が少なくてスグ総量規制いっぱいになってしまう方や、既に消費者金融やクレジットカードのキャッシングサービスを利用していて、借金の総額が年収の3分の1を超えてる・・・なんて方も銀行カードローンを狙うのが一番です。

ただ、初めてキャッシングを利用される方や、まだ総量規制の枠まで余裕があるという方は、急な出費にも即日融資で対応できる消費者金融の方が早く現金を手に入れることができます。

銀行のカードローンは業者によっては審査から融資決定まで1週間以上かかるところもありますので、急ぎの場合は消費者金融の方がいいでしょう。

ただ総量規制に引っかかるなら、必然的に銀行カードローンで借入するしか選択肢はありません。

そういった場合は、自分が持っている銀行口座をチェックしてください。

今はメガバンクはもちろん地方銀行でもカードローンを展開しているところが多いので、自分が普段から使っている銀行で借りるというのも一つの方法です。

ただ実際は、やっぱり家族等にバレる可能性がありますので(汗)、ネット銀行系や一度も利用したことがない銀行から借りるのが一般的ですね。。

>>人気キャッシングランキングはこちら